Corrosion Testing Standards

The test standard summaries are for general guidance only. Though believed to be accurate at the time of writing, this may change over time. So this information should not be used as a substitute for referring to a complete test standard, at an appropriate revision level.

Note: the terms salt spray, salt mist and salt fog are all in wide spread use within corrosion test standards. In this context they can be considered to be equivalent and interchangeable terms.

IEC 60068-2-52 – メソッド 1-6

ISO 60068-2-52 認証取得

試験片は密閉されたチャンバー(独立した塩ミストチャンバーと制御された湿度チャンバーが一般的に使用されます)に入れられ、中性(pH 6.5〜7.2)塩水溶液の連続的な間接スプレーに2時間さらされることから始まる変化する気候にさらされ、1.0〜2.0ml / 80cm² /時間の速度で試料に落下し、 +15〜+ 35°Cのチャンバー温度で。 方法番号に応じて、これに続いて40°C93%RHの高湿度気候にさらされます。または60°C、30%RH下で風乾し、次いで50°Cで湿潤させる。

高湿度の持続時間とサイクルの繰り返し回数は、試験方法(1-8)に応じて可変です。

試験方法1

1サイクルは、サンプルに塩溶液を35°Cで2時間噴霧し、続いて40°C、93%RHで6日間および22時間湿度を制御した状態からなる。 必要なサイクル数は4(28日)です。

試験方法2

1サイクルは、サンプルに塩溶液を35°Cで2時間噴霧し、続いて40°C、93%RHで22時間湿度を制御した。 必要なサイクル数は3(3日)です。

試験方法3

1サイクルは、サンプルに塩溶液を35°Cで2時間噴霧し、続いて40°C、93%RHで22時間湿度を制御した状態です。 これを4回繰り返すものとする。 試験片は、その後、23°Cおよび50%RHの標準雰囲気下で3日間保存しなければならない。 必要なサイクル数は1(7日間)です。

試験方法4

試験方法3に規定する必要なサイクル数は、2サイクル(14日間)とする。

試験方法5

試験方法3に規定する必要なサイクル数は、4サイクル(28日)とする。

試験方法6

試験方法3に規定する必要なサイクル数は、8サイクル(56日)とする。