アトモスファープレミアムチャンバー – 主な特長

AT1300IPプレミアム

Atmosfärチャンバーは、自動車産業の一部の分野でますます普及している非常に要求の厳しい実験室加速腐食試験に従って、全自動試験用に特別に設計されています。

これらの試験は本質的に周期的であり、高レベルの揺れスプレーバーから試験中のサンプルに直接塩溶液を断続的に噴霧するなど、温度と湿度の制御された変化する条件下での暴露で構成されています。

Atmosfär Rangeのプレミアムバージョンは、温度範囲の拡大と温度遷移時間の短縮により、市場で最も広範で柔軟なテスト標準スコープソリューションを提供します。

2つのモデルサイズ

  • 1300 リットル (45.9 立方フィート)
  • 2600 リットル (91.8 立方フィート)

広範なオプションのテスト/チャンバー設備:

SO2ガス投与や液体浸漬などの幅広いオプションの試験施設。

チャンバは、3つの異なる冷却オプションのいずれかで選択できます

  • 20°C / 68°Fまでのライトバージョン
  • -20°C / -4°Fまでのサブゼロバージョン
  • -40°C / -40°Fまでのサブゼロバージョン

水冷オプションは、チャンバが設置されている場所で放熱が問題である場合、サブゼロオプションに使用できます。

すべてのアスコット アトモスファー プレミアム腐食試験チャンバの特徴:

  • 磁気結合駆動システムを備えた振動式スプレーバーは、最も要求の厳しい自動車試験規格に準拠しています。
  • 要求の厳しい温度と湿度の組み合わせを達成するために、統合された空調ユニット。
  • 湿り空気湿度制御モジュールは、湿度のより厳密な制御のために、特に95%RH前後のレベルで。
  • 温度と湿度プロファイルロギングソフトウェア。
  • 110mmエントリーポート
  • デジタル塩溶液消費インジケータ。
  • VDA 233-102、RNES-G-00005、ルノーECC1、SAE Jなどの規格用の追加の塩溶液アトマイザー
  • 温湿度制御 @ 80°C / 80%RH
  • 35°Cから70°Cまで15分で高速に上昇
  • デュアル塩水噴霧噴霧器システム
  • 塩溶液タンク。

さらに、アスコットCCT腐食試験チャンバの特徴:

  • 人間工学に基づいた設計の低負荷しきい値により、ロードとアンロードが容易になります。

  • 「イージーオープン」空気圧式キャノピー。
  • ドライシールガスケットは、作業者の衣服等の濡れを防ぎます。
  • 洗浄を容易にするための外部大容量塩溶液貯留層。
  • 校正証明書。
  • キャノピーの色の選択。
  • 内部の覗き窓。
  • 消耗品スペアキット。
  • 透明で耐久性のあるアクリル製の簡単にアクセスできる塩水噴霧噴霧器。
  • テスト後、チャンバーが開かれる前に、キャビネット内部を新鮮な空気でパージします。
  • 7インチの「タッチ」起動画面、480p(0.38メガピクセル)の高解像度ディスプレイ、および理解と使いやすさのために複数の言語で利用可能な「メニュー」駆動のアイコンベースのコマンド。
  • OPC-UAを使用したSCADAの温度と湿度の監視。 (オープンプラットフォームコミュニケーションズユナイテッドアーキテクチャ)
  • 大容量メモリにより、広範な顧客プログラム、最大200ステップの254のメインプログラム、100のサブプログラム、254のシングルラインプログラムを保存できます。
  • オプションのアスコットソフトウェア(ACC121)を実行しているコンピュータを介してロギングとリモートプログラミングのためのローカルエリアネットワーク(LAN)に接続するためのRJ45通信ポート
  • リアルタイムでユーザーが設定可能な「クロック」により、異なるテストサンプルをバッチ処理し、露出時間を個別に監視し、事前に設定されたテスト期間が完了したときに警告するアラームを備えています。
  • 洗浄を容易にするための外部ポータブル塩溶液タンク – 90Lで1つ、160Lで1つ。

テクニカルセールスパンフレットのダウンロードはこちら

詳細については、以下のフォームに記入するか、または+44 (0) 1827 318044までお電話ください。